● センター概要
● 施設案内
● 行事カレンダー
● センターからのお知らせ
● 収容動物情報ペットを探している方は御確認ください
● 犬・猫譲渡事業
● 犬のしつけ方教室
● 適正飼養の推進
● ふれあい事業
■ 動物取扱業関係
■ 特定動物関係
● 動物愛護管理推進計画
● 災害時に備えましょう
● 人と動物の共通感染症 (動物由来感染症)
● 統計・資料
● センターQ&A
● 相談窓口
● 関連リンク
 



栃木県庁のホームページへ




災害に備えましょう

1 日頃からの備え

 災害が起こったときに最初に行うことは、もちろん飼い主自身や家族の安全確保ですが、ペットの安全確保についても、普段から考え備えておく必要があります。十分な水や食料の他、常備薬等も用意し、避難所や避難ルートを確認しておく等、いざというときに慌てないように、ペットに基本的なしつけをし、備えておきましょう。避難するときは、ペットと一緒に避難(同行避難)できるよう、日頃からキャリーバックやケージに入ることなどに慣れさせておくことも必要です。

「人とペットの災害対策ガイドライン<一般飼い主編>」(環境省)

災害は突然起こります。
飼い主とペットが共に災害を乗り越えるためには、日頃からの備えが欠かせません。
この冊子では、これまでの災害で、ペットと飼い主に起きたさまざまな問題を見直し、飼い主がどのような対策をとればよいのかを整理しました。

災害のとき、あなたとあなたの大事なペットを守るために、
今、できることを考えてみましょう。

人とペットの災害対策ガイドライン
▲クリックでpdfファイルが開きます。

※その他のガイドラインやパンフレットは環境省HPをご覧ください。
環境省_ペットの災害対策 [動物の愛護と適切な管理](外部サイトが開きます。)


2 ペットとの同行避難

 災害時、飼い主はペットと一緒に避難したいと思うかもしれません。ただ、避難所等においては、自治体の指示に従い、ルールを遵守し、他の避難者に迷惑をかけてはなりません。特に、避難所では動物が苦手な方やアレルギーを持っている方等への特別な配慮が求められます。まずは、現在ご自分が住んでいる地域で指定されている避難場所は、ペットの受け入れが可能かどうかをあらかじめ確認し、可能な場合はその注意事項を管轄の自治体に確認する等して、ペットとの避難計画を考えておきましょう。
 栃木県内での避難所の状況については、お住いの市町担当課にお問合せください。

 最後に、避難や避難生活はペットにとっても大きなストレスとなる可能性があるので、ペットの行動も考えた十分な準備をすることが重要です。これは決して特別なことではなく、普段からペットの基本的なしつけや健康管理をし、ペットを様々な環境に慣らしておくことが、災害時の備えの基本になります。しつけはペットの安全確保のみならず、災害時のペットのストレスも軽減させ、あなた自身や周囲の方々への安全・安心の確保にも重要です。

同行避難のフロー図(環境省ガイドラインより抜粋)

同行避難のフロー図
▲クリックで画像が拡大します。


3 犬・猫等の飼養動物の逸走にご注意ください

 激しい雷や雨、台風、花火大会などの翌日は、犬や猫がいなくなったとの届け(逸走届)が増加します。

  • 犬は鎖につなぐ、柵の中で飼養するなど「けい留」して飼いましょう。
  • 首輪には鑑札注射済票迷子札を付けましょう。
  • 迷子になった時や災害発生時の対策として、脱落の心配がないマイクロチップを装着するとより効果的です。
  • 万一犬がいなくなってしまった場合には、速やかに動物愛護指導センター及び最寄りの警察署に連絡をしてください。

 犬の逸走は、犬の身体や生命に危険があるのみでなく、周辺の住民に多大な迷惑をかけてしまう可能性があります。飼い主の方は犬の管理に気を配り、犬を逃がしてしまわないように十分に注意してください。





前のページに戻る

ページの先頭に戻る

Copyright(c) 2008 栃木県動物愛護指導センター All Rights Reserved.