● センター概要
● 施設案内
● 行事カレンダー
● センターからのお知らせ
● 収容動物情報ペットを探している方は御確認ください
● 犬・猫譲渡事業
● 犬のしつけ方教室
● 適正飼養の推進
● ふれあい事業
■ 動物取扱業関係
■ 特定動物関係
● 動物愛護管理推進計画
● 災害時に備えましょう
● 人と動物の共通感染症 (動物由来感染症)
● 統計・資料
● センターQ&A
● 相談窓口
● 関連リンク
 



栃木県庁のホームページへ




 

    

令和元(2019)年度 動物愛護ふれあい作品展

 県民の皆様に、命ある動物の愛護と適正な飼養についての関心と理解を深めていただくことを目的とし、「動物愛護ふれあい作品展」を開催します。

主催/栃木県動物愛護指導センター
協賛/公益社団法人栃木県獣医師会
後援/栃木県教育委員会

※この行事は、昨年度まで「動物愛護絵画コンクール」「動物愛護ふれあい写真コンクール」として実施していたものを統合し、今年度から新たに開催するものです。

作品募集について

 募集部門は、「絵画部門」(小学生対象)、「ポスター部門」(中高生対象)、「写真部門」(一般対象)の3部門です。いずれか1部門を選んでご応募ください。

 入賞した方には賞状と副賞および記念品をお送りします。
 (記念品は、公益社団法人栃木県獣医師会より贈呈されます。)

たくさんのご応募をお待ちしております!




募集要項をお読みいただき、作品に応募用紙を添付の上、応募してください。

令和元(2019)年度「動物愛護ふれあい作品展」募集要項(pdf)
応募用紙(様式1・様式2)&応募者一覧(様式3、学校向け)(word)


募集について(抜粋)
テーマ ●全部門共通テーマ
「人と動物の心温まるふれあいの光景」

●ポスター部門テーマ
「ペットはさいごまで責任をもって飼いましょう」
募集部門 ●絵画部門
 対象:県内の小学校に在学する児童
 規格:四つ切り画用紙

●ポスター部門
 対象:県内の中学校または高等学校に在学する生徒
 規格:四つ切り画用紙

●写真部門
 対象:県内に在住・在学・通勤する県民の方(年齢不問)
 規格:2L版

※詳細は募集要項をご覧ください。
※応募は1人1作品で、いずれか1部門にのみ応募できます。
賞品 最優秀賞:5000円相当の図書カードまたはQUOカード、記念品
優秀賞:2000円相当の図書カードまたはQUOカード、記念品
佳作(絵画部門のみ):記念品

※入賞数等は募集要項をご覧ください。
応募方法 応募用紙に題名、氏名等を記入し、作品の裏に貼り付けの上、郵送または持参によりご応募ください。
応募締切 2019年9月30日(月) (必着)


昨年度入賞作品のご紹介

●動物愛護絵画コンクール(平成30年度応募総数:646点)


▲絵画:低学年の部 最優秀賞 『ちゃんとそだつといいな』


▲絵画:中学年の部 最優秀賞 『子ねことお昼ね』


▲絵画:低学年の部 最優秀賞 『いっしょにおやすみ』


●動物愛護ふれあい写真コンクール(平成30年度応募総数:110点)


▲写真:最優秀賞 『わたしの役目「電気をつけること」』


▲写真:優秀賞 『いつもいっしょ』


▲写真:優秀賞 『ともだち』


動物愛護ふれあいサマースクール2019

 栃木県動物愛護指導センターでは、今年も夏休み期間に「動物愛護ふれあいサマースクール」を開催します。子犬のしつけやシャンプーなどを実際に体験して”犬”について、動物愛護についてもっともっと知ってみませんか?


↑クリックするとPDFが開きます。

 日時 7月30日(火)、8月1日(木)、8月20日(火)    午後1時〜午後3時30分 
 会場 栃木県動物愛護指導センター
愛護館 レクチャールームなど
 対象 県内の小学校4年生から中学校2年生までの生徒とそのご家族など(小学生は原則として親子2〜3名1組でお申し込みください)
 申込期間 7月1日(月)〜7月5日(金)
 申込方法 お電話にてお申込みください。
・電話応対時間:8:30〜17:15


「うちの動物(コ)見て見て!コンテスト」作品募集

 今年も「うちの動物(コ)見て見て!コンテスト」を開催します!

 応募いただいた作品は、9月23日(月・祝)に開催される「2019とちぎ動物愛護フェスティバル」で展示し、来場者された方々の投票により入賞作品を決定します。 入賞者された方には賞状と記念品を贈呈します。

 皆さまの自慢の家族(ペット)の写真をお待ちしております。


↑クリックするとPDFが開きます。

応募方法 L版(127mm×89mm)以内の大きさの写真に以下の内容を添付し、 郵送または持参してください。
@ お名前
A 題名(15文字以内)
B 郵便番号・住所
C 電話番号
応募先 〒320-0032
宇都宮市昭和1-1-23
(公社)栃木県獣医師会『うちの動物(コ)見て見て!コンテスト』係
※昨年度と応募先が異なりますのでご注意ください。
締切り 2019年8月30日(金)必着
注意事項
  • 応募はお一人様1作品(1枚)までです。
  • ご自身が飼っている動物の写真が対象です。
  • 動物の種類・写っている頭数は問いません。
  • 応募いただいた写真は返却いたしませんのでご了承ください。
審査方法等
  • 動物愛護フェスティバル(会場:オリオンスクエア)ご来場の方に、 気に入った写真に投票していただきます。
  • 投票数が多かった上位の方(10作品程度)を入賞者とします。
  • 審査結果はフェスティバル終了後、会場内で発表するほか、後日、(公社)栃木県獣医師会、 宇キ宮市、栃木県動物愛護指導センターのそれぞれの ホームページ上に掲載します。
  • 入賞者には賞状・記念品を郵送いたします。
※入賞作品は栃木県動物愛護指導センターや同センター関係のイベント会場などに 展示させていただく場合があります。


災害時におけるペット対策について

 災害時の備えについて

災害はいつ発生するかわかりませんが、日頃からペットのための備えをしておくのも飼い主の責任です。

参考リンク
環境省ホームページ 「備えよう!いつもいっしょにいたいから」
環境省ホームページ 「災害時におけるペットの救護対策ガイドライン」


 

返還手数料が変わりました

 平成26年4月1日から、犬の返還手数料が変わりました。
 収容当日は、3,580円、収容翌日から1日あたり610円加算されます。手続き等については、電話(028−684−5458)でお問い合わせください。電話が通じない時は、FAX(028−684−5926)を御利用ください。
 なお、当所が保護収容した犬は、
収容動物情報で写真を確認することができます。
犬を飼う場合には、鑑札・注射済票の装着、マイクロチップ等による所有者明示をお願いします。
 

栃木県ドッグセンターに関していただいた御意見等に関する県の考え方について

この度、県内外の大変多くの皆様から、インターネットやファクシミリ等を通じて栃木県ドッグセンターに対する御意見・御要望等をいただきました。
いただきました御意見等に対する県の考え方についてはこちらをご覧ください。

飼い犬・飼い猫の引取りは事前相談が必要です

平成25年9月1日、動物の愛護及び管理に関する法律が改正されました。
 動物の所有者として終生飼養が明記され、それに反する引取りは行政が拒否できることとなりました。
動物の引取りを拒否できる場合として以下のものが規定されました。
  • 犬猫等販売業者である場合
  • 引取りを繰り返し求められた場合
  • 子犬や子猫の引取りを求められた場合であって、繁殖制限を講じる旨の指導に応じない場合
  • 犬猫の老齢または疾病を理由として引取りを求められた場合
  • 引取りを求める犬猫の飼養が困難であるとは認められない場合
  • 引取りを求めるにあたって、あらかじめ新たな飼い主を探す取組をしていない場合
飼い犬・飼い猫の引取りには、
事前相談が必要です。
栃木県動物愛護指導センター
(028−684−5458)

にご相談ください。

引取りをたのむ前に  
  • 新しい飼い主を探しましょう。
  • 小さな命を奪わないために、不妊・去勢手術を受けましょう。
  • 自分の犬や猫がまわりの人達の迷惑にならないよう、しつけや飼育環境を考えて整えましょう。
  • 犬や猫も大切な家族です。最期まで愛情と責任を持って飼いましょう。
引取りをたのむのは最後の手段です。
犬や猫などの愛護動物を捨てた人は100万円以下の罰金が科せられます。



前のページに戻る

ページの先頭に戻る

Copyright(c) 2008 栃木県動物愛護指導センター All Rights Reserved.