センター概要
施設案内
行事カレンダー
収容動物情報ペットを探している方は御確認ください
お知らせ
猫は4Sで飼いましょう!犬は2K4Sで飼いましょう!
譲渡事業
ふれあい事業
犬のしつけ方教室
動物取扱業関係
特定動物関係
人と動物の共通感染症
統計・資料
動物愛護管理推進計画
相談窓口
関連リンク



栃木県庁のホームページへ




 
  

犬は2K4Sで飼いましょう

 人と犬が共生できる社会を実現するためには、犬による危害や迷惑問題を防止しなくてはなりません。

 犬と飼い主、周囲の方々がより良い関係を築くために、犬は「2K・4S」を守って飼いましょう。

K1 狂犬病の予防・ K2 けい留義務

犬を飼ったら市町に登録し、鑑札の交付を受けて、狂犬病予防注射をします。

狂犬病は、発症したらほぼ100%が死に至る恐ろしい感染症です。日本では50年以上発生がありませんが、世界では毎年5万人以上の人がこの病気で亡くなっています。万が一日本に狂犬病が入っても周囲に広がるのを防ぐため、年に1回狂犬病の予防注射を受けましょう。

また、犬は鎖につなぐ、オリの中に収容するなど、必ず「けい留」して飼いましょう。

S1 終生飼養

犬の寿命は15年程度です。飼い主には、その一生を見届ける責任があります。やむを得ず飼えなくなった時は新しい飼い主を探してください。

S2 所有者明示

犬が迷子になっても、首輪に鑑札、狂犬病予防接種注射済票、名札(飼い主の名前、住所、電話番号)を付けたりマイクロチップを入れるなどして、所有者を明示することで飼い主の元に戻ることができます。

S3 飼養頭数のコントロール(不妊・去勢)

犬は、約1年程度で子犬を産めるようになり、年に数回発情が来ます。

新たな繁殖を望まない場合は、メス・オス関係なく、早めに不妊・去勢手術をしましょう。

S4 しつけ

近隣の人に迷惑をかけず、犬と素敵な時間を共に過ごすために、「しつけ」をしましょう。 

動物愛護指導センターでは、基礎的なトレーニング教室を開催しており、一般の方も見学できますので、ぜひ、お問い合わせください。

  ※ 犬が迷子になった場合は、すぐに動物愛護指導センター  にご連絡ください!

 


チラシはこちら(PDF)




前のページに戻る

ページの先頭に戻る

Copyright(c) 2008 栃木県動物愛護指導センター All Rights Reserved.