センター概要
施設案内
行事カレンダー
収容動物情報ペットを探している方は御確認ください
お知らせ
猫は4Sで飼いましょう!犬は2K4Sで飼いましょう!
譲渡事業
ふれあい事業
犬のしつけ方教室
動物取扱業関係
特定動物関係
人と動物の共通感染症
統計・資料
動物愛護管理推進計画
相談窓口
関連リンク



栃木県庁のホームページへ




動物取扱業について

第一種動物取扱業を行う場合には「登録」が必要です
第二種動物取扱業を行う場合には「届出」が必要です

 平成18年6月1日に、「動物の愛護及び管理に関する法律」が改正され動物取扱業を始める方はあらかじめ登録手続きが必要となりました。
 さらに平成25年9月1日、動物の愛護及び管理に関する法律の一部を改正する法律が施行され、これまでの「動物取扱業者」は「第一種動物取扱業者」に名称が変更されました。
 また営利性がなくても飼養施設を有して一定数以上の動物を取扱う者は「第二種動物取扱業者」として届出が必要となりました。
 栃木県内の第一種動物取扱業の登録申請及び第二種動物取扱業の届出は、栃木県動物愛護指導センターで受け付けております。
     
     登録申請や届出などで来所される場合は、
    担当者が不在の場合がありますので
    事前にお電話いただきますようお願いいたします。

       普及指導課 TEL 028-684-5458(平日8:30〜17:15)


<第一種動物取扱業について>

1 要点

  • 「登録」がないと営業ができません。
  • 「登録の基準」などを満たさない業者は、登録の拒否や業務停止命令を受けることがあります。
  • 「動物取扱責任者」の選任及び研修会の受講が義務づけられました。
  • 広告には、以下の1から8項目の掲載が必要です。
  1. 事業者の氏名又は名称
  2. 事業所の名称
  3. 事業所の住所地
  4. 第一種動物取扱業の種別
  5. 登録番号
  6. 登録年月日
  7. 登録の有効期間の末日
  8. 動物取扱責任者の氏名

  このほかの詳細については環境省のホームページをご覧下さい。

2 対象となる動物の種類

  • 哺乳類:犬、猫、ウサギ、ハムスターなど
  • 鳥類:インコ、オウム、カナリア、ニワトリなど
  • は虫類:カメ、トカゲ、ヘビ、ワニなど
※犬及び猫の繁殖・販売を行う者は、「犬猫等販売業者」となり、犬猫の取扱い等について義務が課されます。

※ 「特定動物」を扱う場合には、別途許可が必要です。
 特定動物にかかわる詳細については環境省ホームページ(特定動物の飼養又は保管の方法の細目)をご覧下さい。

3 規制の対象となる第一種動物取扱業の具体例

業種 該当する業者の一例
販売(取次ぎ又は代理を含む) 小売業者、卸売業者、販売目的の繁殖又は輸入業を行う者、露天等における販売のた めの動物の飼養業者、飼養施設をもたないインターネット等による通信販売業者
保管 ペットホテル業者、美容業者、ペットのシッター
貸出し ペットレンタル業者、映画等のタレント・撮影モデル・繁殖用等の動物派遣業者
訓練 動物の訓練・調教業者、出張訓練業者
展示 動物園、水族館、動物ふれあいテーマパーク、移動動物園、動物サーカス、乗馬施設、アニマルセラピー業者
競りあっせん 会場を設けてのペットオークション
譲受飼養 老犬ホーム、老猫ホーム

4 動物取扱責任者について

 事業所ごとに専属で配置される職員であって、次のいずれかの資格要件を満たす必要があります。

  • 営もうとする第一種動物取扱業の種別にかかる半年以上の実務経験があること。
  • 営もうとする第一種動物取扱業の種別にかかる知識及び技術について1年以上教育する学校その他の教育機関を卒業していること。
  • 公平性及び専門性を持った団体が行う客観的な試験によって、営もうとする第一種動物取扱業の種別にかかわる知識及び技術を習得していることの証明を得ていること。

 動物取扱責任者になった方は毎年1回研修会の受講が義務付けられています。

5 登録申請について

 登録申請手数料は1件につき16,000円です。対象業種を行おうとする場合、事業所・業種ごとに登録を受けることが必要です。
 登録は5年ごとに更新しなければなりません。更新申請手数料は1件につき12,800円です。申請に関する注意書きはこちら → (PDF:7KB)
※販売業、貸出し業、展示業における猫の展示について
(平成28年6月1日施行規則、省令、細目の改正)

 原則、郵送による申請は受け付けておりません。
登録申請や届出などで来所される場合は、担当者が不在の場合がありますので、
事前にお電話いただきますようお願いいたします。

       普及指導課 TEL 028-684-5458(平日8:30〜17:15)

 登録後、動物取扱責任者の氏名等申請事項に変更が生じた場合には、変更届出が必要です。
 また、第一種動物取扱業の廃止等の場合には、廃業等の届出が必要です。
 ※各手数料は「栃木県収入証紙」で用意していただきます。
    >>栃木県収入証紙売りさばき所はこちら(PDF)

【必要書類】
  下記から様式(PDF形式)をダウンロードできます。

申請前に必ず一読ください
  ⇒
必要書類一覧(新規申請)(PDF:7KB)

  1. 第一種動物取扱業登録申請書 【様式第1】 (PDF:122KB)(Word:58KB)
  2. 第一種動物取扱業の実施の方法(販売業及び貸出業の場合)【様式第1別記]】(PDF:100KB)(Word:40KB)
  3. 犬猫等健康安全計画 【様式第1別記2】】(PDF:53KB)(Word:30KB)
  4. 動物愛護管理法第12条第1項第1号から第6号の書類 (PDF:56KB)
  5. 第一種動物取扱業登録証再交付申請書 【様式第3】 (PDF:46KB) (Word:33KB)
  6. 第一種動物取扱業登録更新申請書 【様式第4】 (PDF:123KB)(Word:60KB)
  7. 業務内容・実施方法変更届出書 【様式第5】 (PDF:56KB) (Word:35KB)
  8. 飼養施設設置届出書 【様式第6】 (PDF:73KB) (Word:101KB)
  9. 犬猫等販売業開始届出書 【様式第6の2】 (PDF:59KB) (Word:38KB)
  10. 第一種動物取扱業変更届出書 【様式第7】 (PDF:68KB) (Word:36KB)
  11. 犬猫等販売業廃止届出書 【様式第7の2】 (PDF:61KB) (Word:34KB)
  12. 廃業等届出書 【様式第8】 (PDF:54KB) (Word:34KB)
  13. 第一種動物取扱業者標識 【様式第9】 (PDF:37KB) (Word:35KB)
  14. 第一種動物取扱業者識別章 【様式第10】 (PDF:43KB) (Word:31KB)
  15. 販売時における説明及び確認(貸出時における情報提供)実施状況記録台帳
    【様式第11】(PDF:48KB) (Word:33KB)
  16. 犬猫等販売業者定期報告届出書 【様式第11の2】 (PDF:70KB) (Word:58KB)
  17. 犬猫等販売業営業届 【附則様式】 (PDF:59KB) (Word:39KB)
  18. 飼養施設及び動物の点検状況記録台帳 【参考様式第9】 (PDF:38KB)
  19. 飼養施設及び動物の点検状況記録台帳 【参考様式第9】栃木県様式(EXCEL:15KB) (PDF:70KB)
  20. 繁殖実施状況記録台帳 【参考様式第10】 (PDF:42KB)
  21. 取引状況記録台帳 【参考様式第11】 (PDF:49KB)
  22. 犬猫等の個体に関する帳簿【参考様式栃木県版】(PDF:70KB) (Word:24KB)
  23. 動物取扱業従事証明書類 (PDF:31KB) (Word:27KB)
  24. 建物使用証明 (PDF:3KB) (Word:29KB)
  25. 管理の方法記載例 (PDF:3KB)

6 罰則

 登録しないで営業した場合は、100万円以下の罰金が課せられる場合があります。
 このほか、検査拒否や標識の掲示をしなかった場合なども罰金の対象となります。

7 第一種動物取扱業者登録簿

第一種動物取扱業者登録簿(PDFファイル) (毎年4月と10月に更新)
(「動物の愛護及び管理に関する法律」第十五条に基づく)
※登録簿の主として取り扱う動物の種類及び数は、代表的な動物の種類及び数が表示されており、取扱業者の取り扱う全ての動物の種類及び数が表示されていない場合があります。

<第二種動物取扱業について>

1 概要

  • 非営利で、飼養施設を有して、一定数以上の動物の取扱い(譲渡、保管、貸出、訓練、展示)をする者が対象となります。)
  • 「人の居住部分と区分できる飼養施設を有する場合が対象となります
  • 一定数以上とは次のとおりです。
  1. 大型動物(牛、馬、豚、ダチョウ又はこれらと同等以上の大きさを有する哺乳類又は鳥類に属する動物)及び特定動物の合計数 3
  2. 中型動物(犬、猫又はこれらと同等以上の大きさを有する哺乳類、鳥類若しくは爬虫類に属する動物)の合計数 10
  3. 上記に掲げる動物以外の哺乳類、鳥類又は爬虫類に属する動物の合計数 50
  4. 1及び2に掲げる動物の合計数 10
  5. 1から3までに掲げる動物の合計数 50

2 届出に必要な書類等

  • 第二種動物取扱業届出書 【様式第11の4】
  • 第二種動物取扱業の実施の方法 【様式第11の4別記】
  • 法人にあっては、当該法人の登記事項証明書
  • 次に掲げる設備等の配置を明らかにした飼養施設の平面図及び飼養施設付近の見取り図 (チからルは、これらの施設を設置している場合に限る)
         イ ケージ  ロ 給水設備  ハ 消毒設備  ニ 餌の保管場所
         ホ 清掃設備  ヘ 遮光のため又は風雨を遮る為の設備  ト 訓練場
         チ 排水設備  リ 洗浄設備  ヌ 汚物、残さ等の廃棄物集積設備
         ル 空調設備 (屋外設備を除く)

    【必要書類】
      下記から様式をダウンロードできます。
  1. 第二種動物取扱業届出書 【様式第11の4】 (PDF:99KB)(Word:51KB)
  2. 第二種動物取扱業の実施の方法【様式第11の4別記]】(PDF:67KB)(Word:33KB)
  3. 第二種動物取扱業変更届出書 【様式第11の5】】(PDF:65KB)(Word:37KB)
  4. 第二種動物取扱業変更届出書【様式第11の6】 (PDF:65KB) (Word:37KB)
  5. 飼養施設廃止届出書 【様式第11の7】(PDF:57KB) (Word:32KB)
  6. 廃業等届出書 【様式第11の8】 (PDF:57KB) (Word:34KB)

3 罰則

 届出をしなかったり、虚偽の内容を届出した場合は、30万円以下の罰金が課せられる場合があります。

前のページに戻る

ページの先頭に戻る

Copyright(c) 2008 栃木県動物愛護指導センター All Rights Reserved.